人より大きい?治療が必要?小陰唇肥大とは

原因と手術の必要性

そもそもどうして小陰唇肥大が起きてしまうのか、良く知らないという人も多いかと思います。また、本当に治療は必要なのかと疑問に思うこともしばしばです。まずは原因や治療の必要性に目を向けてみましょう。

手術の種類

小陰唇肥大を手術で治したい、となった際に知っておきたいのが手術には二通りの方法があるという点です。どちらが自分に向いているのか、合っているのか、今一度考えたいところです。

クリニック選び

小陰唇肥大は美容クリニックで手術を受けることができますが、どんなクリニックを選ぶのかで費用も、仕上がりの満足度が大きく変わってきます。治療に踏み切るからこそ、信頼のおけるところを選ぶことが大切です。

どんな状態を指すのか

もしかして自分は小陰唇肥大なのでは、と悩む女性は決して少なくありません。
日常生活でふとした瞬間に擦れて痛みを感じたり、パートナーから指摘されたり、鏡で見てそう思えてしまったりと、実際のところどうなのかはっきりしていなくても、そうかもしれないと思うと気になって仕方ないものです。
では、実際に小陰唇肥大というのはどういった状態を指すのかというと、日本での一般的な大きさは膣口と外側の幅が大体2㎝前後なので、それ以上になる場合は小陰唇肥大ということになります。
しかし、本当に小陰唇肥大だったとして、これから一体どうすれば良いのか、そもそも治せるのかといった疑問もあれば、どうして今のような状態になってしまったのかと疑問が湧いてくることもあるでしょう。
小陰唇肥大と上手に付き合って行くためには、そもそも小陰唇肥大がどういったものなのかを良く知ることが大切です。
ですので、ここでは小陰唇肥大の原因や治療の必要性、手術の種類や、クリニック選びなど、解決に向けて知らなくてはならないことを詳しく説明していきたいと思います。
小陰唇肥大は解決出来れば日常生活で気兼ねなく送れるほか、今よりずっと自分自身に自信を持てるようになることもしばしばです。
現状の自分に満足していない、何だか気になる、そんな時こそ小陰唇肥大についてしっかり目を向け、きちんと向き合あい、付き合い方を知るための一歩を踏み出しましょう。